「受胎告知」(じゅたいこくち)レオナルド・ダ・ヴィンチ

ウィキペディア(Wikipedia)より

「受胎告知」(じゅたいこくち)は、ルネサンス期のイタリア人芸術家 レオナルド・ダ・ヴィンチと、アンドレア・デル・ヴェロッキオが、1472年から1475年ごろに描いた絵画です。

「ルカによる福音書」 1章26節から39節 に記されています、大天使ガブリエルが、キリスト受胎を告げるために、マリアのもとを訪れた場面が描かれています。ガブリエルは、マリアが処女懐胎の奇跡によって、イエスと名付けられ「神の子」と呼ばれる息子を授かることを伝えるために父なる神から使わされました。